このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

要配慮者利用施設における避難確保計画の作成及び訓練の実施について(義務化)

更新日:2019年10月25日

平成29年の水防法及び土砂災害防止法の改正により、浸水想定区域(洪水・津波)や土砂災害警戒区域内の地域防災計画で定められた要配慮者利用施設は、避難確保計画の作成及び訓練の実施が義務化されました。

避難確保計画作成に係る講習会の開催について(前期・後期)

市では、要配慮者利用施設の避難確保計画作成と計画内容の充実を支援するため、下記の日程で講習会を開催しております。講習会は、前期講習会、後期講習会の2日間の参加を基本としています。
※計画作成が必要な施設に対しては、講習会への参加のご案内をしております。
【前期講習会】
日時:令和元年10月16日(水曜)14時~16時(受付13時30分~)
会場:出羽庄内国際村 ホール
【後期講習会】
日時:令和元年11月22日(金曜)14時~16時(受付13時30分~)
会場:出羽庄内国際村 ホール

講習会のプログラムについて、ご紹介します。

避難確保計画の作成方法について

避難確保計画の作成方法は、以下の2通りの方法があります。
各施設の状況に応じて、計画の作成方法を選択して下さい。

作成方法(1) 既存の計画に各種災害(洪水・土砂・津波災害)に係る体制・対応を追加する方法

消防計画に洪水災害に係る体制・対応を追加する方法

非常災害対策計画に土砂災害に係る体制・対応を追加する方法

作成方法(2) 既存計画とは別に新規で計画を作成する方法

既存計画とは別に新規で計画を作成する場合の計画作成の手引き、様式を掲載します。

洪水時の避難確保計画

入力シートに必要事項を入力すると、出力シートに各事項が自動的に反映され、計画書類を簡単に作成することができます。

土砂災害に関する避難確保計画

津波災害に関する避難確保計画

避難に関する計画作成の事例集(水害・土砂災害)

計画の作成事例を紹介しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 防災安全課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-23-7665

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで