このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

通電火災にご注意!

更新日:2020年9月14日

通電火災とは

台風や地震などの自然災害による長時間の停電の後、復旧したときに起こる火災のことです。
この通電火災が知られるようになったのは、1995年に発生した阪神・淡路大震災の時で、原因が特定された火災の約6割が通電火災だったといわれています。
近年では地震だけでなく、台風や大雨などの風水害も大規模化しているため、通電火災の発生が危惧されています。

通電火災の予防と対策

普段からできること

ヒーターなどの火気使用器具付近に燃えやすいものは置かない。
使用頻度の少ない電気製品のコードは抜いておく。

災害時、安全を確保してから行うこと

長時間離れるときはブレーカーを遮断する。
電気器具を再使用する前に、破損やガス漏れなどがないかチェックする。

お問合わせ

鶴岡市役所 鶴岡市消防本部
〒997-0857 山形県鶴岡市美咲町36番1号
電話:0235-22-8331
FAX:0235-22-0119

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで