このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

平成30年度鶴岡致道大学受講生を募集します!

更新日:2018年5月7日

タイトル

平成30年度鶴岡致道大学のテーマは 「次の世代に伝えたい―くらしの中からみえるもの―」です

鶴岡総合研究所では、庄内藩校致道館の自学自修を重んじる教育精神を引き継ぎ、創造的に学ぶ場として、毎年「鶴岡致道大学」を開講しています。
開学22年目の今年度は、先人の営みの中で受け継がれてきた知恵とこれからの暮らしについて、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

プログラム

第1講(オープニング) <公開講座> 6月16日(土曜)14:00~15:55 鶴岡市先端研究産業支援センターレクチャーホール(鶴岡市覚岸寺水上246-2)
「楽しい縮小社会――谷根千のつつましい、おたがいさまの暮らし」 
講師:森 まゆみ氏(作家、編集者)

第2講 7月19日(木曜)18:45~20:30 東北公益文科大学大学院ホール(鶴岡市馬場町14-1)
 「現代に生きる古代布『しな布』の伝承とこれから」 
講師:関川しな織協同組合 五十嵐 茂久氏、野尻 弓子氏

第3講 8月8日(水曜)18:45~20:30 東北公益文科大学大学院ホール
 「集落でまもるとちもちの味」 
講師:行沢とちの実会 難波 恵美氏、上野 郁氏、上野 久美子氏

第4講 9月11日(火曜)18:45~20:30 東北公益文科大学大学院ホール
「食べものを通じた『つどい』のかたち――インフォーマル・ライフ・ポリティックスを考える」
講師:藤原 辰史(京都大学人文科学研究所准教授)

第5講 <公開講座>10月27日(土曜)14:00~15:45 黒川能の里 王祇会館多目的ホール(鶴岡市黒川宮の下253)
「次世代に伝えたい減災の知恵と工夫」
講師:原田 憲一氏(至誠館大学前学長)

第6講(クロージング) 11月24日(土曜)14:00~15:45※ 東北公益文科大学大学院ホール
「時代を超えて伝わる『健康的な生活』――イタリア・ルネサンスの図版からみえてくるもの」
講師:山辺 規子氏(奈良女子大学研究院人文科学系教授)
終了後、閉講式を行います。

※日程・テーマは変更になる場合があります。

受講申込について

受講生:先着 100名(年間を通し継続して受講できる方)
受講料:[年額]一般 4,000円  学生 2,000円
特 典:全講座終了後に「講義記録」を進呈します。
申込受付期間:5月7日(月曜)から6月8日(金曜)まで
ただし、定員に達した時点で受付を終了します。 
申込み:市役所本所、各地域庁舎、中央公民館、図書館本館、コミュニティセンター等にある所定の申込用紙に記入の上、本所地域振興課内「鶴岡総合研究所事務局」にお申込みください。
 申込書は、以下からもダウンロードできます。
また、こちらのページから申し込むこともできます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd4w0MtvCDs9gt1aifaNGNXYgQWLetkXnLlHFQVcH-JoSMCwQ/viewform?c=0&w=1(外部サイト)
 受講料は申込の際にお渡しする納付書で市指定金融機関等(ゆうちょ銀行では納入できません)窓口で振り込んでください。
 FAX、メール等でお申込みいただいた場合、納付書を郵送いたします。
 6月16日以降のキャンセルはお受けできません。また、お支払いただいた受講料はお返しできませんので、あらかじめご了承願います。

第1講及び第5講の公開講座は受講生以外の方も聴講できます。
なお、資料や会場準備のため、あらかじめお申し込みくださるようお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 地域振興課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-2990

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで