このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

特別支援教育就学奨励費について

更新日:2015年3月11日

特別支援教育就学奨励制度とは

市立の小中学校の特別支援学級などに就学しているお子さんがいるご家庭に対して、経済的負担を軽減するため、その世帯の収入額等に応じ、必要な経費の一部を援助する制度です。

対象となる方

特別支援学級に在籍または通常の学級に在籍しているが重度の障がいや疾病(特別支援学校で学ぶことが望ましいと判断される程度)のあるお子さんの保護者の方となります。
ただし、生活保護・就学援助を受給している場合や児童福祉施設等に入所しており、当該施設で就学における措置費等の支給を受けている場合は受給できません。

補助対象となる経費

補助対象の種類と支給内容
区分 支給内容
学校給食費 実費額×2分の1
通学費(公共交通機関を使用の場合のみ) 実費額
職場実習交通費 実費額
交流学習交通費 実費額
修学旅行費 実費額×2分の1(上限あり)
校外活動費(宿泊を伴わないもの) 実費額×2分の1(上限あり)
校外活動費(宿泊を伴うもの) 実費額×2分の1(上限あり)
学用品・通学用品購入費 実費×2分の1(上限あり) ※1
新入学児童生徒学用品費・通学用品購入費 実費×2分の1(上限あり) ※1

※1「学用品・通学用品購入費」と「新入学児童生徒学用品・通学用品購入費」は、購入実績に応じて支給されます。
そのため、購入する際には、領収書を徴取し保管しておいてください。

申請方法と提出先

毎年6月中旬に小中学校を通じて、保護者の申請意志を確認します。支給を希望される方は、必要書類(所得証明書など)を通学している学校へ提出してください。

判定基準

同居する世帯全員(※)の総所得額によって、支給区分を決定します。所得額によっては、支給されない場合もあります。

(※)祖父母等で住民票を別にしている場合や、単身赴任などにより、その生計を維持する方が他の場所に住んでいる場合は、その方も世帯に含まれます。

(参考)特別支援就学奨励費を受けられる所得の目安
世帯人数 世帯員全員の総所得額の目安(持家の場合)
2人 約330万円以下
3人 約449万円以下
4人

約563万円以下

5人 約699万円以下
6人 約751万円以下

上記の表は、あくまで目安となります。家族構成、年齢、家賃等により認定される基準額は異なります。

支給方法

次の方法のいずれかで支給します。

  • 保護者口座への振込み支給
  • 学校を通じて保護者に支給

お問合わせ

鶴岡市役所 学校教育課
〒997-0346 山形県鶴岡市上山添字文栄100番地
電話:0235-57-4864
FAX:0235-57-4886

本文ここまで

サブナビゲーションここから

特別支援教育に関すること

  • 特別支援教育就学奨励費について
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで