このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

カバークロップ実証展示ほ場の設置

更新日:2018年10月26日

カバークロップ実証展示ほ場について

  「人と環境にやさしい農業」の実践者を拡大し、環境保全型農業の推進を図るため、カバークロップを作付した実証展示ほ場を設置しました。
 特別栽培の畑作物・水稲の栽培前後にカバークロップを作付し、生育後に緑肥としてすき込むことで、「環境保全型農業直接支払交付金」の対象取組にもなります。
 ぜひ展示ほ場にお立ち寄りのうえ、今後の取組についてご検討ください。

カバークロップとは

 作物をつくらない期間に作付するイネ科・マメ科などの植物のことであり、主に地力増進や病害虫抑制、地球温暖化防止などの効果が期待されます。
 本ほ場では、特別栽培枝豆の後作にエンバク(ヘイオーツ)を作付しています。

展示ほ場について

・所在地 : 鶴岡市山田字境興屋155 ※設置看板が目印
・展示期間 : 12月上旬(予定)まで
・その他詳細 : 看板内容をご参照ください。


エンバク(ヘイオーツ)種子


播種後7週間の生育状況


展示ほ場の設置看板

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 農政課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-25-8763

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで