このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

農業経営者のみなさん、経営の自己チェックを行いましょう

更新日:2018年12月25日

 農業経営者のみなさん、一年に一回、パソコンを使って経営の自己チェックを行い、所得の向上などの経営改善を図りましょう。 自己チェックは、農林水産省が公開している『経営改善実践システム』を利用して行うことができます。特に認定新規就農者、認定農業者、または認定農業者を目指すみなさんはこのシステムを活用し、経営方針等を改善・検討するうえでの参考にしてください。                                      

 国(農林水産省)では、農業経営をされるみなさんが自らの経営を改善、発展させることに活用できる「新たな農業経営指標」を策定しました。

 指標は、(1)経営改善のためのチェックリスト、(2)経営データの記入フォーム、(3)指標による評価結果シートの3つの内容となっており、経営者のみなさんが自らの経営状況を自己チェックし、経営改善を図るために活用していただくことを目的に策定されたものです。
 この指標による自己チェックについて、インターネットがない環境でも使用できるアプリケーション『経営改善実践システム』を農林水産省で公開しています。

新たな経営指標パンフレット1(一部)
新たな経営指標パンフレット(一部)

農林水産省のページはこちらからご覧ください(新たにページが開かれます)。

『経営改善実践システム』のご利用方法

新たな経営指標パンフレット2(一部)
新たな経営指標パンフレット(一部)

  1. 農林水産省ホームページ「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新たな農業経営指標(外部サイト)」を開きます。
  2. 「経営改善実践システムPC版」をご自身のパソコンにダウンロードしてお使いください。
  3. 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。システムPC版インストール説明書(外部サイト)」、システム操作マニュアル等も事前にお読みいただき、内容をご理解のうえご利用ください。
「新たな農業経営指標」について・・・

 農林水産省HPより

 「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」(平成23年10月25日食と農林漁業の再生推進本部決定)において策定することとされた「農業経営者を客観的に評価する指標」について、先進的な農業者や税理士等の専門家を交えて検討を行い、この度、幅広い農業者が経営の改善や発展のために活用できる比較的簡易な指標を取りまとめました。
 特に、認定農業者においては、農業経営改善計画に沿って経営改善を着実に進めるため、この農業経営指標に基づく自己チェックを毎年行うこととされています。

詳しくは、農林水産省ホームページ「新たな農業経営指標」をご覧ください。

  → 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新たな農業経営指標(外部サイト)
  → 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。経営改善実践システムに関するよくある質問と回答(外部サイト)

お問合わせ

鶴岡市役所 農業委員会
〒999-7696 山形県鶴岡市藤島字笹花25番地
電話:0235-64-5868
FAX:0235-64-5846

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで