このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

第60回『奥の細道』羽黒山全国俳句大会の開催について

更新日:2018年7月10日

第60回『奥の細道』羽黒山全国俳句大会

 俳聖「松尾芭蕉」が出羽三山を訪れ、多くの名句を残した元禄二年。その「奥の細道」の聖地は、多くの俳人たちに愛され現在に受け継がれています。そして昭和31年に高浜虚子翁の来山を機に、昭和34年から羽黒山全国俳句大会を開催してまいりました。本年は第60回大会を記念し、今井聖先生(「街」主宰)・星野高士先生(「玉藻」主宰)・井上弘美先生(「汀」主宰 「泉」同人)・小澤實先生(「澤」創刊 主宰)・黛まどか先生(俳人・北里大学客員教授)・佐藤麻績先生(「人」主宰)をお招きして開催いたします。

前夜祭 交流会

平成30年9月29日 土曜日
午後6時受付開始
会場:羽黒山斎館
会費:宿泊の方8,000円 日帰りの方2,000円

本大会

平成30年9月30日 日曜日
午前8時30分受付開始
会場:いでは文化記念館
会費:2,000円(投句料・昼食)

< 兼題の部 投句要項 >

兼題の部◆当季雑詠、未発表句2句1組(何組でも可)
選者◆今井  聖先生(「街」主宰)
     星野高士先生(「玉藻」主宰)
     井上弘美先生(「汀」主宰 「泉」同人)
     小澤  實先生(「澤」創刊 主宰)
     黛まどか先生(俳人・北里大学客員教授)
     佐藤麻績先生(「人」主宰)
投句料◆1,000円(2句1組に付き)
締切◆平成30年8月15日 水曜日
投句先◆「奥の細道」羽黒山全国俳句大会実行委員会事務局
投句◆応募用紙に必要事項を記入の上、投句料を同封し郵送のこと
    ※類句・二重投句(他の俳句大会、結社誌、雑誌などに発表した句)については、
      審査のうえ、入選を取消すことがあります。
    ★投句者全員に、句集『南谷』をお送りいたします。

< 本大会 投句要項 >

期日◆平成30年9月30日 日曜日 午前10時開会
場所◆いでは文化記念館
投句◆2句1組
会費◆2,000円(投句料・昼食)
受付◆午前8時30分
席題発表◆午前8時30分
選者◆今井  聖先生(「街」主宰)
     星野高士先生(「玉藻」主宰)
     井上弘美先生(「汀」主宰 「泉」同人)
     小澤  實先生(「澤」創刊 主宰)
     黛まどか先生(俳人・北里大学客員教授)
     佐藤麻績先生(「人」主宰)

< 子どもの部 投句要項 >

投句締切◆平成30年7月20日 金曜日
投句料◆無料
題材◆身のまわりの物事で見たり聞いたりして自分が感じたこと、出羽三山、松尾芭蕉、奥の細道のことなどを
    投句してください。
選者◆井上弘美先生(「汀」主宰 「泉」同人)
     小澤  實先生(「澤」創刊 主宰)
     黛まどか先生(俳人・北里大学客員教授)

詳細・投句用紙(申込み用紙)

大会事務局・お問い合わせ

第六十回『奥の細道』羽黒山全国俳句大会実行委員会事務局
郵便番号 997-0292
所在地 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7番地
電話 0235-62-2355
FAX 0235-62-2352

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。『奥の細道』羽黒山全国俳句大会(出羽三山神社HP)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 羽黒庁舎 産業建設課
〒997-0192 山形県鶴岡市羽黒町荒川字前田元89
電話:0235-62-2111
FAX:0235-78-0871

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで