このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

国民健康保険税について

更新日:2017年6月21日

国民健康保険税のあらまし

  • 国民健康保険税は、会社や官庁などの健康保険に加入していない方を対象に医療の給付等を行うことを目的とした国民健康保険(国保)事業の費用に充てるため、地方税法に基づき課税する目的税です。
  • 市内に住んでいる方で、各職場の医療保険(健康保険、共済組合、船員保険など)に加入しているか、生活保護を受けている方以外は国保に加入しなければなりません。
  • 国保税は個人課税ではなく世帯課税です。そのため世帯主が納税義務者となります。世帯主が国保に加入していなくても、その世帯に国保加入者がいる場合は、その世帯主が納税義務者となります。
  • 平成29年度国民健康保険税のしおりは以下よりダウンロードできます。

平成29年度の改正内容

税の軽減(基準より所得が少ない世帯)の拡充
 

改正前

改正後

5割軽減基準所得額

33万円 + (26万5千円×被保険者数)以下

33万円 + (27万円×被保険者数)以下

2割軽減基準所得額

33万円 + (48万円×被保険者数)以下

33万円 + (49万円×被保険者数)以下

※被保険者数には特定同一世帯所属者を含みます。詳しくは後述「所得が少ない世帯の被保険者均等割額、世帯別平等割額の軽減」をご覧ください。

平成29年度国民健康保険税(医療保険分・後期高齢者支援金等分・介護保険分)の算出方法

(イ)医療保険分

内容 計算方法

1.所得割額

加入者全員の前年中の所得に応じて課税

「(前年中の総所得金額等-330,000円)×8.3%」を加入者ごとに計算した合計額

2.資産割額

加入者全員のその年度の土地・家屋の固定資産税に応じて課税

「固定資産税(土地・家屋の税額のみ)×19.5%」を加入者ごとに計算した合計額

3.被保険者均等割額

加入者の人数に応じて課税

「被保険者(加入者)数×25,200円」(年額)

4.世帯別平等割額

加入世帯に一律に課税

一世帯あたり22,200円(年額)

※上記1から4の合計が医療保険分の税額=(イ)となります。

(ロ)後期高齢者支援金等分
 

内容

計算方法

1.所得割額

加入者全員の前年中の所得に応じて課税

「(前年中の総所得金額等-330,000円)×2.4%」を加入者ごとに計算した合計額

2.資産割額

加入者全員のその年度の土地・家屋の固定資産税に応じて課税

「固定資産税(土地・家屋の税額のみ)×10%」を加入者ごとに計算した合計額

3.被保険者均等割額

加入者の人数に応じて課税

「被保険者(加入者)数×7,800円」(年額)

4.世帯別平等割額

加入世帯に一律に課税

一世帯あたり9,500円(年額)

※上記1から4の合計が後期高齢者支援金等分の税額=(ロ)となります。

(ハ)介護保険分
 

内容

計算方法

1.所得割額

介護保険第2号被保険者全員の前年中の所得に応じて課税

「(介護保険第2号被保険者の前年中の総所得金額等-330,000円)×2.6%」を加入者ごとに計算した合計額

2.資産割額 

介護保険第2号被保険者全員のその年度の土地・家屋の固定資産税に応じて課税

「介護保険第2号被保険者の固定資産税(土地・家屋の税額のみ)×7.5%」を加入者ごとに計算した合計額

3.被保険者均等割額

介護保険第2号被保険者の人数に応じて課税

「介護保険第2号被保険者(加入者)数×10,800円」(年額)

4.世帯別平等割額

介護保険第2号被保険者の世帯に一律に課税

一世帯あたり8,400円(年額)

※上記1から4の合計が介護保険分の税額=(ハ)となります。

  • 世帯に介護保険第2号被保険者がいない場合は、(イ)の医療保険分の合計額と(ロ)後期高齢者支援金等分の合計額を合算した額を納めます。(100円未満切捨て)
  • 医療保険分課税限度額は54万円、後期高齢者支援金等分の課税限度額は19万円、介護保険分の課税限度額は16万円です。

税の軽減(基準より所得の少ない世帯)

  • 世帯主が国保に加入していなくても、世帯主の所得も含めて判定し、被保険者均等割額と世帯別平等割額の金額を軽減します。世帯に特定同一世帯所属者(後期高齢者医療制度に移行する直前の医療保険が国保の方)がいる場合は、その人数と所得も含めて判定します。
  • 医療保険分、後期高齢者支援金等分、介護保険分ともに次の所得金額の世帯に対し、被保険者均等割額は加入者一人につき各割合、世帯別平等割額は平等割額の各割合が軽減されます。

※軽減判定の場合、譲渡所得は特別控除前の金額が対象となります。
※営業所得、農業所得等は専従者控除する前の金額が対象となります。
※昭和27年1月1日以前の生まれの方(65歳以上の方)の年金所得は、15万円を控除した後の金額が対象となります。

軽減の割合と要件
割合 要件
7割軽減

総所得金額が33万円以下の世帯

5割軽減

総所得金額が33万円を超え、その金額が33万円+27万円×被保険者数以下の世帯

2割軽減

総所得金額が33万円を超え、上記以外でその金額が33万円+49万円×被保険者数以下の世帯

※所得税または市県民税(国民健康保険税)の申告義務のある被保険者が申告をしていない場合は、軽減の対象となりません。

税の軽減(会社都合の退職または正当な理由のある自己都合退職)

  • 次に該当する方について、失業時から翌年度末までの間、前年中の給与所得を100分の30として算定します。

(1)雇用保険の特定受給資格者(「雇用保険受給資格者証」離職理由コード 11.12.21.22.31.32の方)
(2)雇用保険の特定理由離職者(「雇用保険受給資格者証」離職理由コード 23.33.34の方)
※離職時点で65歳未満の方が対象です。軽減を受けるには、国保年金課又は各地域庁舎市民福祉課での手続きが必要です。

激変緩和措置1

  • 国保から後期高齢者医療へ移行する被保険者がいる場合、国保税の負担が急に増えることがないように、次のような軽減を受けることができます。

(1)所得の少ない世帯に対する国保税の軽減について
・保険税の軽減を受けている世帯は、世帯構成や収入が変わらなければ、今までと同じ軽減を受けることができます。 
(2)世帯別平等割額の軽減について
・国保から後期高齢者医療に移行することによって、国民健康保険の被保険者が1人となる場合には、移行した月から5年間は2分の1、その後3年間は4分の1、世帯別平等割額を減額します。

激変緩和措置2

  • 75歳以上の方が被用者保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、その被扶養者(65歳から74歳までに限ります)が新たに国民健康保険に加入する場合、次のような軽減を受けることができます。

(1)被保険者に係る所得割額、資産割額が賦課されません。
(2)被保険者均等割額が半額に、さらに、被保険者が1人の場合には、世帯別平等割額が半額になります。

納付について

  • 普通徴収:7月から翌年3月までの毎月、年9回の納期になります。各期別の税額については、年税額を納付回数で均等に割った後、1,000円未満の端数が生じた場合は、その金額を最初の納期額に合算します。
  • 特別徴収:年金の支給月(4・6・8・10・12・2月)に差し引かれます。年金から徴収される方は、次のいずれにも該当する方です。

(1)世帯主が国民健康保険税の被保険者となっていること
(2)世帯内の国民健康保険の被保険者の方全員が65歳以上75歳未満であること
(3)特別徴収の対象となる年金の年額が18万円以上であり、国民健康保険税と介護保険料を合わせて、年金額の2分の1を超えないこと
※年金からの特別徴収については、申出によって口座振替による納付に変更することができます。

  • 年度の途中で加入脱退した場合は国保税を月割りで再計算します。また、遅れて届出した場合も、さかのぼって計算します。したがって届出により税額が変更になる場合であっても、変更後の「国民健康保険税納税通知書兼変更・決定通知書」が送付される前に到来する納期分については、お手元の納付書で納付してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードページへ

お問合わせ

鶴岡市役所 課税課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071

本文ここまで



以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで