このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

固定資産税等の課税誤りについて

更新日:2019年9月20日

課税誤りについて

 本年7月以降に県内他市町において固定資産税等における課税誤りが判明したことに伴い、本市における固定資産税の取り扱いを確認し、酒田市や庄内町と同様であり、また県内他市町と運用面での違いがあることから県を通じて国(総務省)へ取り扱いの適否を照会していたところ、この度、不適切との判断がありました。
 市民の皆様には大変なご迷惑をおかけすることとなり、深くお詫び申し上げます。

課税誤りの概要

 固定資産の所有者が死亡し相続登記が未了の場合には、地方税法の規定に基づき「当該土地又は家屋を現に所有している者」を納税義務者とするため「納税義務者変更申告書」の提出により新たな納税義務者として、その新たな納税義務者個人の資産がある場合は合算して課税していました。
 国の見解としては、「現に所有している者」とは民法上の所有権を有する者をいう。届出が1 名のみの記載であっても、実際に他の相続人がいる場合には、その者を単独の納税義務者とすることはできない。との回答により本市の課税方法も不適切となったものです。

課税誤りの件数及び影響金額等

 令和元年9月19日現在、平成31年度(令和元年度)の課税誤りと疑われる件数が約450件前後で、影響額は総額で約30 万円です。
 なお、納税義務者毎の正確な税額については、対象者の相続人調査などを行った上で確定することとなります。

今後の対応等

 早急に納税義務者個々の正確な税額を確定し、税額の更正通知書を発出するなどの必要な措置を講ずるとともに、過年度分(平成27~30年度分)についても同様に調査を進めて参ります。

再発の防止策

 今後は、正しい法令解釈に基づき、相続人調査や納税義務者変更手続き等の適正な事務処理を徹底し、再発防止に努め、市民の皆さまの信頼回復に努めて参ります。

固定資産税の「還付金」を悪用する詐欺にご注意ください

 現在、還付対象者等について調査中ですが、対象者へは公文書で通知を差し上げます。
 税金の還付についてATMでの手続きをお願いすることはありませんので、不審な電話等がありましたら、下記までご確認するか鶴岡警察署(28-0110)へご連絡ください。

お問合わせ

鶴岡市役所 課税課
〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号
電話:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

鶴岡市 

〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9番25号 電話:0235-25-2111(代表番号) FAX:0235-24-9071
メール:tsuruoka@city.tsuruoka.lg.jp(問い合わせ先)
窓口受付時間 月曜から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日までを除く)午前8時30分から午後5時15分
フッターここまで